医師も推薦する渋谷で評判の「慢性腰痛専門」整体サロン 腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛・ヘルニア・肩こり・頭痛・骨盤矯正の専門院
オフィシャルブログ

単純だけど、大切な「呼吸」のしかた

" 健康 "

2018年2月6日

 

健康を維持するうえで、

「呼吸」はとても大切です。

 

 

ラジオ体操は、最初と最後に

深呼吸をします。

 

 

女性に人気のヨガは

呼吸法を大切にします。

 

 

出産のときのラマーズ法も

「ヒッ・ヒッ・フー」

の呼吸で有名ですよね。

 

 

そこで本日は、

「呼吸のしかた」についての

お話をして生きたいと思います。

 

 

「吸う」のが大事?「吐く」のが大事?

 

普段は何気なく行なっている呼吸。

 

 

「深呼吸をしてください」と言われたら、

あなたはどのように行いますか??

 

 

「大きく吸って、そのあと全部吐き出すんでしょ?」

 

 

はい、それでももちろん間違いではありません。

 

 

ただ、もっと効率のいいやり方があります。

 

「呼吸」という字から考える

 

呼吸の「呼」。

 

 

これは”呼ぶ”という字ですよね。

 

 

では、実際に誰かを呼んでみてください。

 

 

そのとき、息は吸ってますか?

それとも、吐いてますか?

 

 

そう、吐いてますよね。

吸いながら声を出すのは

結構大変だと思います。

 

 

次に、呼吸の「吸」。

 

 

これはわかりやすいですね。

文字どおり”吸う”です。

 

 

つまり、「呼吸」とは

”吐く”のが先で、

”吸う”のは後なんです。

 

電車の「乗り降り」と「呼吸」の関係

 

次に、電車の「乗り降り」を例に

考えてみます。

 

 

は?と思われる方が

多いと思いますが(^▽^;)

 

 

私は毎日、電車を利用していますが、

車内の人が降りきる前に乗り込む人

よく見かけませんか??

 

 

 

「早く乗り込んで、座席を確保したい!!」

 

 

「スマホいじってないで、早く降りてよ!!」

 

 

「あー!扉がしまる音楽がなっちゃってる(゚o゚;;」

 

 

などなど、

いろいろな理由があると思います。

 

 

気持ちはわからないでもないですが。

 

 

でも、そういう場合って

大抵降りる人と乗る人が体をぶつけて

 

 

わちゃわちゃしてしまって、

かえって時間がかかるんですよね(^▽^;)

 

 

(全員降りてからの方が

スムーズに乗れるのになぁ、、、)

と心の中で毎回思っているのですが。

 

 

で、ここでふと

「これって呼吸と似ているなぁ〜」

なんて思ったわけです。

 

 

もうお気づきの方も

いるかもしれませんが、、、

 

 

さきほど説明したように、

「呼吸」というのは、

 

 

(呼)まず息をはく

 

(吸)そして吸う

 

 

この繰り返しですよね。

 

 

単純なようですが、

しっかりと息をはいてからでないと

そのあとに、じゅうぶんな空気を

吸うことはできません( ´Д`)=з

 

 

過呼吸はいい例ですね。

 

 

吐く動作と吸う動作が

バッティングしてしまうわけです(>_<、)

 

 

電車の乗り降りも同じ。

 

 

まずは降りる人を優先した方が

結果的に自分も乗りやすくなります

 ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ

 

 

というわけで、

はやる気持ちを抑えて

スマートに電車に乗りましょう♪

 

まとめ

 

さて、本日は「呼吸のしかた」について

簡単にご紹介しました。

 

 

「腹式呼吸がいいの?」

「胸式呼吸がいいの?」

と悩む前に、

 

 

まずは、呼吸そのものを

効率よく行う方法を知って、

健康への第一歩を踏み出してください!!

 

 

次回は、

「呼吸」がなぜ健康のために大切なのか

についてお話をしていこうと思います。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました( ´∀`)

 

この記事を書いた人
カテゴリー: 健康.
  • 03-6427-4840
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り